遠い世界に♪

tutty0603.exblog.jp

ニーハオ!台湾旅行4日目その4

2006.5.14(日) 九分②

かつては金鉱で華やかな時代があったという。
しかし鉱脈も枯れて衰退していく中、映画の舞台になったことから
ノスタルジーを求めてくる観光客が増えたらしい。

もうレトロ、レトロ、レトロー、トトロ(?)。九分はそういう所。
お茶するところ「九重町」、宿泊もできるのかな?みんなカメラを向けているけれど、行列するほど中へは入っていかない。
だってここは入り口から少し行った所だもの。見える所は全部お店!
おとな4人がかろうじて並べる位の通りがずっとこの先に繋がっている。
その通りは観光客で埋まっている。
これがいいのよねぇ。この人ごみの中にいることが好き。
c0023545_2358120.jpg
c0023545_23581493.jpg
「陶笛Y志」台湾のオカリナのお店。ガイドさんはずっと15センチほどの竹か何かで出来た笛を持っていて集合の時など吹いていた。
ガイドブックを後で見て解ったけれど吹いている人がオーナーでオカリナ奏者、
ガイドさんと掛け合いで合奏をしてくれた。
お店がいい感じ。



c0023545_0113754.jpg
c0023545_014592.jpg
阿妹茶酒館。ガーン!レストラン&茶芸館ですと。ここも外から見るだけ・・・
画像をズームアップすると少し中が見えた。
見れば見るほど入ってみたかった。
c0023545_23102878.jpg
c0023545_23111095.jpg
c0023545_0504093.jpg
手前の猫ちゃん2匹は実は石にペイントされたもの。
c0023545_0514212.jpg
屋根にはまるで植えつけたように(まさか!)草花が。なんか、いいわぁ~。
c0023545_052032.jpg
高所恐怖症の人には辛いかも知れないけれど、落ちそうなくらい張り出した所でお茶できるなんて最高。
c0023545_231716100.jpg
窓ガラスの枠が・・・いいわぁ(そればっかり)。
c0023545_0521587.jpg
熟女が全員、ここでお茶したい!と口を揃えた「天空之城」
ここからは景色が一望できる、まさにお店の名前の通り。
手前の門の上に置かれた銅のフクロウのライトがこれまたお洒落。
c0023545_0522818.jpg
みんながどんなに、このお店に入りたい、あれを買いたい、と言おうがガイドさんは耳が聞こえなくなってしまったようにどんどん先に行ってしまう。
確かにガイドさん、それは正解よ。

ここ九分の観光は1時間半!
私なんて、仕舞いにはもっとゆっくり見たいから今日はここに泊まりたい、
なんて言うかも知れない。たぶん言う。
平地がほとんどなく、急な階段を昇ったり下ったり、筋肉痛。
さすがに最高年齢の参加者は途中で待つことになったけれど・・・

もう台湾には行かないかも知れない。
でもドラえもんのどこでもドアがあったら、ここだけはもう一度
是非行ってみたい所。
台湾にこの九分があってよかった。
[PR]
by tutty0603 | 2006-06-07 23:58 | 台湾