遠い世界に♪

tutty0603.exblog.jp

たけしの誰でもピカソ 「フォーク特別企画」

2008年1月11日、18日と2週連続で「たけしの誰でもピカソ」では、
「フォーク特別企画」が放送されました。
メインのたけしさんもどっぷりとこのフォーク世代の方。
その曲を聴くと善くも悪くも、あの頃に戻るから不思議です。


ゲスト 南こうせつ、伊勢正三、イルカ
相変わらず軽快で愉快な南こうせつ。
2006年の拓郎とかぐや姫のつまこいコンサートで久々に聴いた
しょうやんの懐かしい曲は大好きだったのに
何だかノドから絞り出すような苦しそう歌声でちょっと悲しかったです。
イルカも悲しみは表に出さず明るいです♪

しょうやん、こうせつ、イルカ


途中でギターと一体化している(笑)、
アルフィーの坂崎幸之助が解説などをしていました。
ホント、フォークに詳しいし他人の曲も楽譜なしに
すぐ弾けるところがすばらしい!

坂崎


こうせつは拓郎が大好きっていうのがよくわかり、
31年ぶりにもう一度嬬恋を一緒にやりたいと言われたとき、
コンサートが終わって拓郎に、けちょんけちょんに言われてもなお、
こうせつは拓郎に測りきれない感謝と友情を感じたのも
言葉の端々に感じられますね。
(↓この画像は拓郎とパンダさんが映っているけれど・・・)

嬬恋


後ろの矢印はギタリスト&アレンジャーの石川鷹彦さま
番組でも言っていましたが名曲には素晴らしいイントロが付きもの。
大物ミュージシャンの後ろには気が付くとこの方の姿が。
うっとりです・・・顔じゃないのよね、男のひとって。

ギタリスト石川鷹彦


日本フォーク相関図。
普通はいろいろな矢印が出ていたりするけれど、
みんながライバルだったらしいです。

山崎ハコとなぎら健壱以外は全部大好きでよく聴いていました。
「好き」の度合、聴く頻度に当然差はありますが。
フォーク人物相関図

最後のほうで南こうせつが拓郎の「今日までそして明日から」を
歌っていましたが、遠慮していたせいかヘタッピでした(笑)。


歌われた歌:「妹」「サラダの国から来た娘」「ささやかなこの人生」
「なごり雪」「イムジン河」「マキシーのために」「22才の別れ」
「遠い世界に」「海風」「神田川」「今日までそして明日から」など





なぜか、チロルチョコ。
人気の「きなこもち」は出るとすぐなくなってしまうので
大人買いしてみました。

チロルチョコ

[PR]
by tutty0603 | 2008-01-19 15:56 | 音楽