遠い世界に♪

tutty0603.exblog.jp

タグ:本 ( 6 ) タグの人気記事

大活字本

私は本を読むペースがとても遅いです。
そろそろ返却期間が切れそうなのになかなか進まない。
それなのに図書館に行ったら
いつか聞いたことがある本が目に入りました。

大きな字の本

最近は花粉症で目を掻きすぎて、
炎症気味の私には小さな字はツライ。
あっ、カレイによると言う理由も当然ありますが(悲)
しかし読みたいという欲望。


題名はさておき、見よ、この活字の大きさ!
1字が1cmくらいの大きさ。

発行は大活字文庫・・・そのまんまやね。
文字のサイズは22ポイント・ゴシック体。

本の大きさは、ほぼ単行本サイズで
約370ページで厚さも同じくらい。
ただ3巻になっています。

1冊の本体価格3010円。
3巻で9030円プラス消費税・・・

高ーーーーーーーーーーーいっ!




しかし、しかしこのお値段はナンですか?
図書館で借りましょう♪

耳で読むオーディオブックなんてものもあったけれど、
どちらにしてもまだ少ないです。



大きな字の本:
「モラルの罠」夏樹静子
久々にこの人の本を読もう。

小さな字の本:
「沈まぬ太陽(三) 御巣鷹山編」山崎豊子
(一)(二)は出てすぐに読んだけれど、
主人公のあまりにもむごい処遇に胸が苦しくて
なかなか読み進めない。



きのう、コストコで買ったバラエティーローフ。
左から、ブルーベリー
オレンジピール入り
アーモンドスライスが乗った紅茶味

オレンジピールのものが一番好きです。
しっとりしていて美味しかったですよ。

バラエティーローフ


うちの小さな株のクリスマスローズも開きました♪
庭の片隅に植えておいたものは、落ち葉と一緒に
ざっくり小さな熊手でひっかけ、気がつかないまま
ポイしてしまったみたい・・・アーメン。。。

クリスマスローズ

[PR]
by tutty0603 | 2008-03-18 13:24 | 映画・ドラマ・本

林住期

きょう、車を走らせていたら井上陽水が
ゲスト出演しているラジオ番組がありました。
曲のあいまにチラッと五木寛之の「林住期りんじゅうき」の
内容に触れた話を陽水がしていました。

その本を買いに町田へ行った帰りの車の中だったので、
あまりの偶然にびっくり。


4月15日林住期

帯にはこう書かれています。

第三の人生をどう生きるか?
古代インドでは、人生を四つの時期に分けて考えたという。
学生期がくしょうき」、「家住期かじゅうき」、そして、「林住期りんじゅうき」と「遊行期ゆぎょうき」。
林住期りんじゅうき」とは、社会人としての務めを終えたあと、
すべての人が迎える、もっとも輝かしい
「第三の人生」のことである。
林住期こそ現代人の黄金時代。


毎回、太極拳と丹田呼吸法の間に先生のお話があります。
ちょうどこの前の金曜日がこの五木寛之の本のお話でした。

それできょう本を買いに行ったのですが題名を忘れ、
店員さんに聞くのもちょっと・・・だったので
他の雑誌などに変身してしまいました。(汗)


現代風に言うと「林住期りんじゅうき」は50~75歳。
女性にとっても子育てもおわり、夫も定年を迎え
今まで家族に尽くしてきたことも一段落。
これからが自分自身のための素晴らしい時期なのだと言います。

ご夫婦は別々の自分たちの趣味を持ち、お互いに干渉せず
部屋の片付けも何時に家に帰ろうが文句を言うことなく・・・
夕飯の支度もしかり。
そんな暮らしをしているそうです。

五木寛之は1932年生まれ。今年で75歳になります。
太極拳の先生もほぼ同じ歳。
こういうダンナ様をもつ奥様が羨ましいとおっしゃっています。

こういうことってすぐにできるものでは無いんですよね。
若い時からよく会話をしてお互いを尊重する、
思いやりをもつことから始まるんですよね。
朝、昼、晩と時間になったからってテーブルの前にすわって
ご飯を待っていられたら・・・
私だって主人在宅ストレス症候群になってしまいます!

「林住期こそ現代人の黄金時代」になるようがんばりましょう♪

4月15日モンタナ
クレマチス(モンタナ)・・・ホームセンターにて

[PR]
by tutty0603 | 2007-04-15 22:59 | 映画・ドラマ・本

華麗なる一族

私も観ました、夕べの「華麗なる一族」
もうずい分前から、アチコチの番組で宣伝して、
TV局がどんなに力を入れているかがわかるというもの。

気になってカキコミを見たらやっぱりね。
あの将軍には私も思わず目が点になったてしまいました。
ふ~ん、やっぱりキムタクは好評なのねぇ・・・

キムタクは確かに人気があるけれど、線が細すぎて・・・
あの役は石黒賢がもう少し若ければやって欲しかった。
いえ、今でも充分に大丈夫だったと思うけれど・・・


原作はもう20年以上前に読んでいたので・・・
もうすっかり内容は忘れてしまいました。(汗)

山崎豊子の作品は好きで読んでいますが、
次の作品が出るまで長い間かかります。
それは緻密な取材や文献を調べるのにそれだけの時間が、
必要になるのだと納得できる作品となっています。

より長編の作品が好きだけれど、さすがに「沈まぬ太陽」は第三巻(御巣鷹山編)で挫折。
主人公への執拗なまでのヒドイ仕打ちに読み進めなくなってしまったのです。
まぁ、他の作品もそう言う内容が多い気もするけれど。


19日からは、他の局で今度は松本清張の「わるいやつら」。
記念番組というと松本清張、山崎豊子の原作が多いです。
もう松本清張の新しい作品が世に出ないことがとても残念です。
[PR]
by tutty0603 | 2007-01-16 23:21 | 映画・ドラマ・本

拓郎&陽水と「フォーク黄金時代」

夕べは職場の飲み会。
駅の近くに出来て間もない居酒屋さんで。
創作料理とかも美味しくサービス満点で(出来たばかりでお客さんは少なかったけれど)、職員もいないので言いたい放題楽しく和やかでした。

欠席した人はB’Zのライブのチケットが当たり大阪まで行くかららしい。
相変わらずB’Zは人気がある。
長女が一時填って耳が腐りそうになるくらい(!)聴かされたので、
曲も稲葉さんも好きだけれどもうお腹一杯という感じ。
今、填っているらしいKEMURIは、さすがに私にはついて行けません!


その飲み会の前に本屋さんで見つけた本。
拓郎&陽水と「フォーク黄金時代」。
紙質悪し!
でもそれがまさに’70年代風でとてもいい。
c0023545_12485138.jpg

*** 拓郎&陽水の2006年今後のスケジュール ***

吉田拓郎
 10月23日(月) 大宮ソニックシティ
 10月27日(金) 金沢市観光会館
 11月 2日(木) 新潟県民会館
 11月 6日(月) 北海道厚生年金会館
 11月10日(金) 日本武道館
 11月14日(火) 福岡サンパレス
 11月18日(土) 沖縄コンベンションセンター
 11月23日(木) 名古屋国際会議場センチュリーホール
 11月28日(火) 広島厚生年金会館
 12月 2日(土) 神戸国際会館こくさいホール
 12月 7日(木) 大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール

井上陽水
 10月 2日(月) 鹿児島市民文化ホール
 10月 3日(火) 九州厚生年金会館
 10月10日(火) 姫路市文化センター
 10月11日(水) 防府市公会堂
 10月16日(月) よこすか芸術劇場
 11月 8日(水) 府中の森芸術劇場
 11月11日(土) 富田林すばるホール
 11月12日(日) 大阪フェスティバルホール
 11月15日(水) 長良川国際会議場
 11月28日(火) 郡山市民文化センター
 11月29日(水) 山形県県民会館
 12月 8日(金) NHKホール
[PR]
by tutty0603 | 2006-09-02 12:56 | 音楽

ダ・ヴィンチ・コード

ようやく図書館にリクエストしていた
「ダ・ヴィンチ・コード」が来ました。
c0023545_21232326.jpg
リクエストしたのは去年です。
しかも上下で来てしまいました。
私は読むのが遅いので2週間で返せるかどうか・・・

ワクワク、ドキドキ・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ドラマ「24」#3先ほど初めて観ました。
何?この面白さったら!
目を離せないとはこのことです。
[PR]
by tutty0603 | 2006-04-22 22:29 | 映画・ドラマ・本

いま、会いにゆきます

c0023545_20312224.jpg

「いま、会いにゆきます」
ようやく読み終わりました。

More
[PR]
by tutty0603 | 2005-01-25 20:31 | 映画・ドラマ・本